ウェルスナビ株式会社 決算公告|ロボットアドバイザーのサービス提供

ロボットアドバイザーのサービスを提供をしている「ウェルスナビ株式会社」の第2期(2016年12月31日現在)決算公告。

  • 当期利益:-3億5,425万円
  • 利益剰余金:-4億2,007万円

 

基本情報

会社名(英語表記) ウェルスナビ株式会社(WealthNavi Inc.)
事業内容 金融商品取引業
本社住所 東京都渋谷区渋谷2-17-5 シオノギ渋谷ビル12F
代表 柴山 和久

投資家はお金を入金すれば、そのあとはすべて自動で行ってくれるサービス。投資先の銘柄選択、売買注文、リバランス、定期購入などは自動。

 

決算実績

決算

決算期売上営業利益経常利益当期利益利益剰余金
2016.12(第2期)△354△420
2015.12(第1期)△66△66

※表中の数字単位は百万円、単位以下は四捨五入しています。財務欄も同じです。
※本記事の画像、決算欄、財務欄で使用しているデータは官報(国立印刷局)から引用、又は加工し作成したものです。

 

財務

 決算期総資産株主資本自己資本流動資産固定資産流動負債固定負債
2016.121,8481,7341,7341,708139,8341140
2015.1220819419415652140

 

指標

決算期自己資本比率ROEROA流動比率
2016.1293.8% -1498.2%

※自己資本比率とROEは、「株主資本」を用いて計算しています。

 

トピック

沿革

  • 2015年4月 設立
  • 2015年7月 第三者割当増資
  • 2015年10月 6億円の第三者割当増資
  • 2016年7月 サービス開始
  • 2016年10月 15億円の第三者割当増資

増資に応じているのは、SMBCベンチャーキャピタル、株式会社みずほ銀行、三菱UFJキャピタル株式会社、DBJキャピタル株式会社。金額等は未公表。

 

コメント

第2期は本格的なサービスリリースに向けた費用が拡大したのか、赤字幅拡大。

SBI証券でのサービス開始により預かり残高が合計で150億円を突破。サービス開始から1年で150億円を集めたのは素晴らしい。

1%を手数料として徴収するサービスモデルのため残高が非常に重要だが、これから毎月積み立てる顧客の残高は増え続けるため、あとは世界の株式市場などが値崩れしなければ、単年での利益のプラ転は近いうちに達成されるかもしれない。

先行してロボットアドバイザーを提供したお金のデザイン(THEO(テオ))よりも、預かり残高の増え方がよく、当期損の幅も少ないため、マネージメントが非常に優秀なのか。

証券・商品先物取引業
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
更新情報をお届けします
未上場会社の決算情報ブログ